パソコンと女性

昔からラベルシールやステッカーの印刷は盛んに行われています。
しかし器材が必要だったため、設備のあるところへ外注するというのがほとんどでした。
自分オリジナルのものを作りたいという強い要望は、昔も現在も変わっていないと言えるでしょう。
そしてプリンターなどの器材が安値で手に入るようになり、シールなどの材料があれば家で自作できるようになりました。
それらの性能は決して低くはないので小数を作るのであれば、専門にしている企業へ発注するよりも安上がりです。
しかしそれによってラベルシールやステッカーの外注が、落ち込んだという事はありません。
家庭用プリンターを使うよりも、専用のプリンターや設備を使う方が完成度は上がるからです。
家庭での製作環境がそれに追いつかない限り一定の需要は保つでしょう。

大量発注と外注

しかしそれでも少数を外注する事は、家庭で自作するよりも費用が必要になります。
だからそのラベルシールやステッカーについて考える事で、妥協できる点と譲れない点を明確にするべきです。
完成度の高さを望んでいないならば、家庭で作るもので充分でしょう。
最高の出来を望むなら外注する必要があるかもしれません。
そして大量生産する場合は外注した方が安く済みます。
自分で買うと材料費用がそれなりにかさみますが、工場や企業には安く仕入れるルートが存在します。
それを利用する事で市場に流れるものよりも遥かに安い値段で、入手する事ができるのです。
プリンターが普及して印刷がどこでもできるからといって、家で全てを行う必要はないと言えるでしょう。

外注する際の注意点

印刷を外注する場合には必要量を考える事が重要です。
外注する場合の大きな利点は大量生産によるコスト削減であり、小数を作るだけなら市販されているラベルシールを買って、自作した方が安いかもしれません。
現在では様々な自作を補助するツールが売られるようになりました。
ステッカーもラベルシールを買って印刷した紙を張る事で、立派なものが出来上がります。
これは家庭用プリンターが安価になった事も関係しているでしょう。
手間を省く事が目的であれば企業へ依頼する事は有益ですが、コストについて考えるなら生産数について熟考すべきです。
そのためには用途を明らかにする事が近道であり、適切な判断を下すための材料になる事でしょう。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930